「木の家」カテゴリーアーカイブ

昔の家のような外観が好き

新築を作る時に、外観についてもどんな感じがいいのかと考えていました。いろいろな外観の特徴のある家がありますね。近所を歩いて見ても、かなりその違いを知ることがあります。日本本来の外観のものもあれば、全く違う洋風な外観の家もあります。私は以前、洋風な外観に憧れていました。家を作るなら、洋風な外観の方が楽しいと思っていたのです。ところが、その考えががらっと変わってしまいました。それは日本の木の家がいいなと思うようになったのです。そのようになったのは、友人が作った家を見学した時でした。

その時に、大きな衝撃を受けたのです。日本の家と言う感じのその木の家はとても重厚さがあります。きちんとした作りとなっているので、それを見るとホッとできるのです。外観を見て、頑丈なしっかりした家とわかりました。実家がそんな作りですが、その作りがいいんですね。頑丈だし、見た目がいいのです。木の本来の美しさを感じることができました。

木の家・無垢の家にして良かったこと

木の家・無垢の家を建て良かったことは、両親がとても喜んでくれたことです。最近はあまり木の香がする住まいは少ないので、家の中へ入った瞬間、木の香がするマイホームはホッと落ち着くようで、木の家・無垢の家にして良かったと実感しています。木のぬくもりを感じることができる住まいなので、リビングに日が差し込むと暖かい印象になり、日頃の疲れを癒す効果も十分にあるので、少し予算オーバーになりましたが、木の家・無垢の家を選んで良かったです。今後、長く住むマイホームは家族で納得できる環境に整えることが何より重要なので、各々意見を聞いて住まい探しをしたことは良かったです。色んな住宅見学会など参加すると、扉を開けた瞬間の香りは重要で、特に木の香が漂ってくると心身ともに穏やかな気分になり、ここに住みたいなぁと思えるマイホームだったので、木の家・無垢の家に決めました。家族の意見が一致して、優しい住まいを購入することができました。

木の家を建てようと決心したきっかけとは

木の家を建てようと決心したきっかけですが、元々木造住宅を好んでいた事もあった点や実際に住宅展示場やモデルルームを見学した際に、改めて木の家の良さを知る事が出来たためです。実際に木造住宅のモデルルームを見学した際に、木の香りが良く温かみもあり、子供がいるの我が家にとってはとても良い環境を作る事が出来ると感じました。木に触れた際の肌触りや温もりがとても魅力的で、モデルルームを見学した際に木造住宅が良いと思い決定しました。木の家にしたもう一つの理由としては、やはり子育てをしていくためでした。木に囲まれている室内であれば、子供が遊んだりしても安心感があります。フローリングや建具など全て木にする事で、温もりが感じられ子供が成長していくにはとても良い環境になると思い木造住宅にしました。木の家は、自然な雰囲気や木の温かみなどがありとても魅力的な住宅となります。特に子供がいる家庭の場合には、お勧めする事が出来ます。

都会でも自然を感じられる木の家

都心から少し外れた住宅地に無垢材をふんだんに使用した木の家を建てました。周りはアパートやマンションに囲まれた立地で、子どもに普段の生活で少しでも自然を感じてもらいたかったこととと、私と妻が北関東の田舎町の出身で、木のぬくもりを感じられる生活を送りたかったということが理由です。家を建てようと考え始めた当初はどのような材料や工法があるかよくわかっておらず、漠然と木造で木のぬくもりが感じられる家がいいな、と考えていました。家づくりの検討を進める中で、首都直下型地震を考えると鉄骨造りの家のほうがいいのかもしれないと考えたこともありましたが、現代の免震・耐震技術を用いれば大地震にも十二分に耐えられることがわかりました。今の家で一番気に入っているのは、廊下とリビングに敷いた無垢材の床材です。それぞれ木目や色合いが微妙に異なっていてとても美しく、自然のぬくもりを感じられます。妻もとても気に入っており、ワックスがけなどのメンテナンスも家族総出で行い、きずなを深めるいい機会にもなっていると感じます。

無垢の家の魅力はまず見てみること。

僕の家が素晴らしいと言われても、その素晴らしさは

すぐには分からないでしょう。もしこれから

家を建てるのであれば、無垢の家を実際に自分の目で

確かめることが重要です。

最近ではモデルルームにも、材質にこだわったものがありますので

足を運んでみるとその良さがすぐにわかると思います。

実際に私も自分で家の中に入ってみるまでは

その良さが分かりませんでした。

玄関を開けた瞬間に木の香りに包まれて素朴ながらも

味わいのある落ち着いた雰囲気にすぐに気に入りました。

大体家を見る時には、その家自体の良さというよりは

その家に備え付けられている設備や広さ、階数、空間の広さ

窓の大きさなどが多いと思います。

後は水回りの良さなのです。

もちろんこのようなことも重要ですが 、

そのような設備などは後でいくらでも付け加えることは

可能なのです。家自体は変えることができません。

木のぬくもりを感じられる無垢の家はどの家よりも

素晴らしいと感じられるものです。

素晴らしいと感じられれば、多少不便であっても

あまり気にならなくなるのは不思議なものです。