kgAy4BBD のすべての投稿

木造建築の耐久性はどんなものか

木造建築は古くから日本の建築を支えてきました。最古のものは法隆寺だと言われており,精巧な作りになっています。対して,現在の住宅は鉄筋を用いた建築がほとんどです。しかしながら,近年木造建築が見直されており,筆者も数年後に家を建てようと思っていますが,木造建築住宅を希望しています。今回はその決め手となった要素を紹介していきます。

木造建築とは当然木材で構成されています。木材は鉄筋のようにびっしりと材中が充填された材料ではなく,仮道管などの存在により空洞が存在します。つまり多孔質な材料だということです。この多孔性が様々な良さをもたらします。その中でも注目すべきは防音効果です。木材表面のたくさんの孔が音を吸収してくれます。住宅における生活音は,隣人とのトラブルに発展しやすく,社会問題の一つにもなっています。そのため,最近これを取り入れている住宅が増えているとのことです。部屋で不当あってしまったり楽器の練習がしたい、といったことは誰しもありますが,木材がそれを可能にしてくれるのです。

アレルギー対策で木の家・無垢の家を建築

家族はアレルギー体質なのでマイホームは素材が優しい物件を購入したいと考えるようになりました。大手住宅メーカーの方へ相談すると、喘息やアレルギー持ちの方も安心して長く住める環境として、木の家・無垢の家を紹介して下さり、実際に住んでいるご自宅の内覧会することができたので家族で参加してみました。フローリングやドアなど全て無垢の素材で仕上がっており、ナチュラル感もあって香りもよいので気に入りました。セルロースファイバーを用いているため、断熱・調湿・防音・難燃・防虫性能もある断熱材を用いているので、とても安心できます。木質繊維系断熱材のセルロースファイバーは無添加物件の際には用いられることが多く、住宅メーカーの方が丁寧にアドバイスして下さってわかりやすいです。グラスウールやロックウールを使用せず、セルロースファイバーを用いることで隙間がない施工ができ、機密性も高くなって断熱効果もアップするマイホームは快適です。

木造の一戸建てへの建て替え

子供の頃は、実家が木造の平屋建てでした。その後仕事の関係で何度か転勤を繰り返し、ようやく中古の一戸建てを購入しました。購入と同時に内装のリフォームも済ませたので、かなり快適に暮らせる住まいになっていました。

しかし如何せん中古の物件でしたので、年月の経過とともに、あちらこちらに傷みが目立つようになってきました。この物件では一生を暮らすことは出来ないだろうと想定を始めた時期から住宅の立て替えの資金を準備しはじめました。

そして事故資金で大部分の建て替えができる見通しができるようになった頃から、どのような住まいにするかを家族で具体化することにしました。

そこで家族に提案したのが木造の一戸建てです。イメージとしては、居心地のいい喫茶などの空間が自宅になるといえば、より理解してもらい易かったです。また自然の木材を用いるので、健康への不安もなく、将来もアレルギーの心配がないだろうということを提案すると、比較的スムーズに建て替えが実現するようになりました。

木の家は材質を確認することが大切。

木の家は本当に良いものです。特に木の香りは

心が落ち着きます。マンションなどのオシャレな空間、

デザイン性に優れた注文住宅 などとても良いのですが、

やはり住みやすいとなると木材の家は日本人にとって

特別なものだと思います。

しかし注意点があるのも事実です。

一軒家をいくつか内見してみると木の素材のすべて違います。

私は素人なので見ただけでどの材質の木材が使われているのかは

わからないのですが、明らかに 木材が違うものだと分かるものがあります。

木材によっては、非常に劣化の早いものもあるようなので

木の家を建てる際には、しっかりと良い木が使われているのかを

確認していく必要があるでしょう。

変わってるのは国産の木とは限りません。

価格がとても安く飛びついて買ったら全て外国産の木材で

5年ほどで修理が必要になった例もあります。

もちろん木材がよければ値段も貼ってしまうので

自分の予算の中でできるだけ良い木材を使うこと

そして建てる時にしっかりとその木材が使われているのかを

確認したほうが後々トラブルが少なくて良いと思います。

無垢材のフローリングの住宅を建てました。

結婚して子供が生まれたのをきっかけに住宅の購入を考え始めました。それまでは賃貸アパートに住んでいました。夫婦2人であればアパートで十分な生活ができましたが、子供が生まれたことにより、アパートでは手狭になってきました。



土地については、親が所有していた畑があったため、その上に立てる注文住宅を検討しようと思いました。



そこで総合ハウジングセンターに見学に行きました。



もともと無垢材のフローリングに憧れがあったため、木造住宅のハウスメーカーを中心に検討しました。また実際にフローリングで、無垢材と無垢材以外の材質を、実際に体感してみました。



裸足で歩いてみると、床の暖かさが全く違いました。特に床暖房入れてるわけでもないのですがほんのりとあったかい気がしました。



注意点としては、傷が付きやすいと言うところです。また長年使っていると経年変化で色が変わったり多少、フローリングが反ったりすると言うところがあります。



普通のフローリングに比べると、傷や劣化は注意がありますが、それも風合いとして受け止めれば良いかと思い、無垢材のフローリングを採用しました。



実際に住んで生活していますが、やはり質感が違うためとても満足しています。無垢材のフローリングオススメです。

風土にあった木の家・無垢の家を建てました

住まいの環境は風土にあったマイホームを建てることが重要だと考えていました。健康的な生活を送りたいと考え、環境に優しい住まいにしたいと思うようになりました。家族で定期的に週末を利用して数カ所の住宅展示会場へ参加するようになっていましたが、なかなか気にいるような物件がなかったので半ば一戸建ては無理かなぁと諦めていたとき、住宅メーカーの方から偶然紹介された物件は木の家・無垢の家で、玄関を開けた時に木の香がして心地よく、こういう家に住みたいなぁと思い、説明を聞いてみました。自然環境にも優しく、風土にあった住まいなので住んでいる人の健康や快適性能を重視した木の家・無垢の家は最近、とても注目度が高いとのことで、早速受注することにしました。安全な家づくりを行うので、使用している接着剤やワックスなど、素材も重視していることがわかり、長く住む家は心地よく快適な環境になっている木の家・無垢の家は安心生活です。

欧米で人気の寄木張りの木の家・無垢の家

無垢材にも欧米と北米には違いがあるのが驚きました。両親は欧米でよく使われているヨーロピアンオークを寝室に使いたいと言います。そのヨーロピアンオークにも色に少し黒味がかかったものと、明るめのものがあることを知りました。



両親は90mm巾で明るめの木目の無垢パネリングを、弟は色が黒っぽいものがいいとの要望でした。しかし、もっと色と模様がはっきりしたものがいいとの要望があり、調べてみると、ヘリンボーンがあるとのこと。



このヘリンボーンには、色が深いアッシュ、明るめのアメリカンブラックチェリー、寄木張りのウォールナットでフレンチヘリボーンがあることが分かりました。



より個性的で男らしい床がいいという弟は、ブラウン色が濃い、ウォールナットを選びたいとの要望がありました。そして、2階の書斎をよりVの字の寄木張りがお洒落なオリーブヘリンボーンで、7mm巾と12mmの厚みがある無垢フローリングがいいとの要望がありました。

ヘリボーンの無垢を使ったリビングの木の家

ピアノを置く部屋をよりクラシカルにしたいと、ヘリンボーンを床に選んだ木の家がいいと提案しました。茶色系のモダンなピアノを置くには、色が似ている無垢の床にすれば、よりクラシカルになると言うのです。



何十万円もする高級のピアノですから、より品を感じさせる無垢の床であるヘリンボーンであれば、しっくりと合うだろうと言います。アメリカンテイストなぱーケット張りにピアノを置けば、まるでジャズ喫茶のようになると思いました。



色はブラウンがいいと思いました。広いリビングをヘリンボーンにして、黒いソファ、ローテーブル、そこにパッと明るい照明を取り付けてピアノをピンポイントで照らしながら弾くと、より格好良く弾けると母親は提案します。



また、たくさんあるクラシックのCDやレコードのジャケットをヘリボーンの床のリビングに置いた棚に飾ることで、さらにクールなジャズ喫茶になるのはと考えると、さらにヘリボーンの無垢材を床に使った木の家がいいなと思いました。

木の家を建てるために苦労したこと

木の家は快適に暮らせるために家族で生活をするために最適だと思いましたが、実際には注意すべき点も山ほどありました。木は湿気を吸収して内部に入らないようになりますが、実際には鉄骨より費用がかかりアレンジしにくいものです。最近では木の家が注目されていますが、無垢素材は健康を害する物質が含まれていないため安心できます。ただし、実際には費用が高くなり安易に選ぶことは難しく、モデルハウスを見学してスタッフの説明を聞いて決めることにしました。

木の家を建てるためには価格が高くアレンジできないため、失敗をするとそれなりにリスクがあって苦労しました。家は安心して住める環境にしないと意味がなく、老後の生活を考えて建ててもらわないといけないと感じたものです。木は無垢素材を選ぶとさまざまな魅力を感じますが、工事をするためには制限されることもあります。このため、業者と打ち合わせてからトラブルが起きないように考え、生活の拠点になるようにすると快適に暮らせて良かったです。

音が響かないのでとてもいい

新築を作るときに思ったこととして、自分のプライバシーが守れるところがいいと思っていました。マンションで暮らしていたときに、そのことを特に感じました。プライバシーが守られていないと、やっぱり不安になります。自分のことを知らず知らずのうちに知られていることもあるのです。その原因の一つとして、話し声があります。

話す内容が聞こえて来ることがあるんですね。そうすると、自分の声もしっかり聞かれていると心配になっていたのです。そこで新築は、音を吸収できる家がいいと思っていました。音が響かない家というのは,どんな家かと思ったのです。そこで調べてみることにしたのです。するとわかったこととしてなんと、木の家がいいということなのです。私が考えていることと、全く違っていました。私が考えていたのは、やっぱりコンクリートの住宅がいいのではないかと思ったからです。その違いにびっくりです。木の家は、音が響かずとてもマイルドな感じがします。